2012/06
01
[ #800 ]

サーフボードスキャン

サーフボードを作成するにあたって、弊社では、シェープマシーンを自社設置、使用しています。
マシーンシェープに関しては、賛否両論あるところではありますが、個人的には、商品としての精度、カスタムシェープの時の、ユーザーへの適合性と、時間の節約と云う意味で、信頼性はかなり高いと思っています。
そのマシーンを使ったシェープでは、まず元となるボードをスキャンして、データをプロファイリングします。
こうして、本来、ビットが付く部分をスキャン用のヘッドに変えて。計測します。
このマシンのスキャン精度は、軍事用として、流用が可能であることから、輸出が制限されるレベルのものです。ヘッドの流れと共にデジタルデータとして取り込まれ、いつでも、精度の高いボードがシェープ出来るようになるのです。
写真のボードはNAC bump squash.すでにテストでベストフィールだったものを元に、シェープしたものです。シングルダブルブィーの中にボンザーという、複雑なボトム構造になっており、再現性の精度が必要になってきますが、見事に再現されています。
私たちは、さらに、ユーザーへの、適合を考え、さらに、要求に答えるべく、微細なチューニングに、より多くの時間とエネルギーを費やすことが出来るようになりました。
サーフボード作りの新しい時代の幕開けですね。モデルの乗り味やディテールについては。次回m(_ _)m

O2lKI

Copyright © 3Dimension surfboards [3Dimension Blog] All rights reserved.

≪  JO-BOOST   |   NATSUもファイナル  ≫
COMMENT:

SECRET: (管理者だけに表示を許可する場合)
 
トラックバックURL :